新字体による画数(字画)の数え方について

画数の算出方法の違い

旧字体と新字体

流派により画数(字画)の数え方が異なることにお悩みの方は多いと思います。
大きく分けて旧字体で算出する流派と新字体で算出する流派の二つに分かれます。

一画の違いで吉が凶に転じたり、そのまた逆もあったりと一画の差で天と地ほどの 違いが生じてきます。 旧字体と新字体どちらの捉えかたが正しいのでしょうか?

新字体での画数算出

なぜ新字体なの?

私的な結論から言えば、新字体での画数算出のほうをおすすめします。
それというのも、実際に存在しない字画を数えたり、一度も使用したことがない旧字に変換しての算出は違和感を感じるからです。

例えば、旧字体を使用する多くの流派ではサンズイは4画と数えます。
サンズイは「水」を意味するので 画数まで「水」の4画と考えるためです。

しかし、実際に漢字にしてみると…

沖 → 沖??  こんな漢字はありませんよね。

その他にも旧字体に戻して算出するというものもあります。

例えば「豊」という字。この画数は13画です。
しかし旧字体で算出すると18画になってしまいます。

ちなみに旧字体では「豐」という字になります。 「豊」という名前の方は大勢いらっしゃいますが、常用して旧字体を使用している方はとても少ないと思います。 むしろ、一度も旧字体の方を使ったことがない方の方が多いのではないでしょうか?

字を構成する「画数」から「名前」に秘められた運勢の設計図を読み解くことが姓名判断の本質だと思います。

新字体に特別こだわりがあるわけではなく、実際に使用する漢字に重点を置いているということです。

当サイトを含め、ほとんどの姓名判断での「改名」は「戸籍から変える必要はなく、友人同士など日常的に新名を使えばいい」と言っています。 それなのに日常的に使用しない「旧字体」での算出はやはり無理があるように感じます。

生き続ける旧字体

生き続ける旧字の捉え方

例えば

  • 「沢⇒澤」
  • 「辺⇒邊」

など現在も使われている旧字もまだまだ存在します。

「どっちの漢字で計算すればいいの?」という声をよく聞きます。
この場合、目安にしていただきたいのは二つです。

① 実際によく使う方の漢字。
② 戸籍に記載されている漢字。

この二つを踏まえて算出してみてください。


姓名判断の仕方、計算方法はこちら。

姓名判断の画数の吉と凶の早見表はこちら。

ひらがな、カタカナ、アルファベットや筆順の間違えやすい漢字についてはこちらから。