姓名判断の画数の捉え方と特性 21画~30画。

画数の持つ特性と意味 21画~30画まで

画数の意味について 21画~30画


21 指導、征服 (吉~大吉) +

頭目の器と人を導く力を持つ数です。とても強い力を持つ吉数ですが、高い理想を掲げ、厳格に自らを律する力があるので周囲に対しても厳しすぎるところもあります。それが独裁につながると反発を招いてしまいます。律するのは信念だけではなく、強すぎる自信もだということを常に心がけるようにすることが大成功のカギです。


22 霊感、芸術 (凶~半吉) -

感覚的能力が強く、特に霊感、芸術などの才能を示す画数です。凡人とは違った世界観、個性的な思考を持つため一目置かれることがありますが、それゆえ内面では常人では理解できない苦悩を抱えている一面もあります。12と同様に危機的な状況から脱却する力を持っています。


23 太陽、活性 (吉~大吉) +

真夏の太陽のようにギラギラと輝くエネルギッシュでパワフルな数です。陰った部分ですらこんこんと照らしてしまうほどの力強い吉数です。大望を描き、理想を満天に輝かせ躍進します。可燃性の強い画数と組み合わせると情熱が空回りしてしまうおそれがあるので、少し大人しめの画数と組み合わせるほうがよいでしょう。


24 創造、財政 (大吉) -

素直で協調性があり、清らかな探究心のおかげで何かを作りあげる力に富んでいます。やや裏方的なところもありますが、築き上げたものは財となり繁栄します。しかし、2と4からなる吉数なので理想と現実のギャップに弱いところもあるので、趣味の時間をつくったりして心に溜まった汚れを抜いてあげることが必要です。


25 自立、剛気 (吉) +

自立心旺盛でさっぱりとした画数です。商売上手が多く、機を読むのがうまく、マーケティング、営業にとても向いています。少々がめついところがあるので注意しましょう。


26 英雄、動乱 (凶~半吉) +

強い信念を武器に忍耐と努力の末、成功するタイプと我欲のままに突き進んだ結果、波乱と動乱を巻き起こすだけに終わるタイプとに分かれます。目の前にいばらの道が広がっていてもひるむことのない強い精神力を持っていますが、家族の縁が薄く孤独の暗示があります。


27 猛進、強情 (半吉) +

7、17よりさらに強情で直情的なので、強引に事を進めすぎて波乱を巻き起こすこともしばしば。ですが、強情だということは信念を貫く力にあふれている証拠でもあります。信じるものに対しては強い責任感を持ち貫徹します。


28 波乱、万丈 (凶) +

9系画数が天才、才人などを多く配しているのに対し、28は狂暴な情熱を胸に突き進み、数ある障害を乗り越えてきた者が持つ炎の鬼才のようなイメージです。とはいえ、数多い障害に疲れ果てる人も少なくありません。偉人を多く輩出している数とはいえ、数多い障害に悩まされる波乱数です。


29 知謀、参謀 (半吉) -

頭脳明晰でありながら控えめで、周囲に対する配慮を忘れないので信頼も厚いことでしょう。回転の速い頭を狡猾さに変えてしまわないように気をつけましょう。他の画数との組み合わせ次第で吉凶が変化しやすい特徴を持っています。


30 楽天、空想 (半吉) -

天数である3画と無を意味する0の一体数。0系画数は凶の暗示があるのですが、天数である3の助けで0系画数の中では恵まれている画数です。楽天的で陽気な性質ですが、状況により悲観的思考になったりと性質が安定しないところも垣間見られます。想像力が豊かですが、実行力にかけているため、空に描くだけで終わってしまいがちです。