赤ちゃんの良運を育む命名について

赤ちゃんの良運命名

時代の移り変わりと共に名前の読み方や流行も変化してきました。 近年懲った名前をお子さんに付ける方が増えています。 おしゃれな名前、個性的な名前の赤ちゃんが多いようです。

大切なお子さんの成長を願い名前を考えることは親の楽しみの一つでもあります。 キラリと光る個性的な名前は良いのですが、懲りすぎは禁物です。 人間を表す記号のようなものが名前です。

愛情を持ってお子様に名前をつけてあげることは何よりも大切なことですが、好みのみでつけられた「名前」で物心がついたとき、凶運に悩み「改名」される方は大勢いらっしゃいます。 「名前」はお子様の一生を左右する大きな問題になりかねません。

字に意味があるように、字画にもまた秘められた意味が存在します。 それを無視しては、やはり呼吸する幸運の名前は期待できません。 名前の裏の顔である画数配列にも目を向けてあげたいものです。 名前も同じで、おしゃれで個性的な名前を考えることは良いことですが、願いを込めすぎてそれが空回らないように気をつけて下さいね。

赤ちゃんの名付け入門

赤ちゃんの名付けで気を付けたいこと。

赤ちゃんの命名の際、注意したいことやよくある質問を幾つかピックアップしていきます。


名前に使える漢字であれば読ませ方は自由

名前に使える漢字は「常用漢字 1945文字」「人名用漢字」は法改正により新たに488文字が使用可能になりました。戸籍法では名前の読ませ方に規制はありません。
そのため、赤ちゃんにユニークな名前を付けるお父さん、お母さんが増えてきました。
中には「七音」と書いて「ドレミ」と読ませるユニークな名前も…。 あまり懲りすぎた読み方だとキチンと名前を読んでもらえないことがあるので、懲りすぎにご注意。


好きな名前に吉画数を合わせるのは難しい。

好みの名前に良い画数を合わせることはなかなか難しいものです。 しかし、10年、20年先その赤ちゃんが成長し、自身の名前の画数を調べたとき、吉画数の多い名前ならきっと喜ぶでしょう。赤ちゃんはこの先ずっとその名前で生きてゆくのです。出来ることなら幸せな人生が送れるような良い名前を付けてあげたいですね。


姓と名前のバランスが重要。

名前は姓とのセットです。姓名判断では姓の最後の一文字と名前の最初の一文字を足して算出する人格をとても重要視します。これは姓名判断に限ったことではありません。例えば「勅使河原」や「鷹見澤」など字画が多い姓の場合、名前に「雅隆」などの画数の多い漢字を持ってくるとどうしても硬いイメージの名前になってしまいます。 そういう場合は漢字を一文字にしたり、ひらがな名をつけたりすれば、名前全体がグッと引き締まり、バランスがとれた名前になります。


縦に裂ける名前に注意

(例)縦に裂ける名前の例

「縦に裂ける名前」も避けたほうが良い名前と言えます。
「タテワレ」などと表現されることもあり、名前全体に落ち着きのなさを与えてしまいます。


花や季節を使った名前が良くないというのは迷信

季節は変わる、花は枯れるなどの理由からこれらを使った名前が良くないという説があります。 ですがこれは全くの迷信で、花や季節をあしらった名前の方でも幸せな人生を送られている方は大勢います。 おそらく、子供の生存率が低かった時代の親心から伝わったのでしょう。


個性が光る添え字を使った名前

添え字とは名前の最後の文字と同音の字を1文字付け加えることです。
例えば「拓(タク)」という名前に添え字をつけると「拓久(タク)」という名前になります。
「永久に開拓する」⇒「開拓するチャレンジ精神を忘れない」というようなイメージです。

他にも「剛(タカシ)」に添え字を付け「剛志(タカシ)」など、「志」をつけることによって「強い志を持った子に育ってほしい」というような願いが感じられます。
添え字をうまく使えばよくある名前でも個性がキラリと光る名前ができます。


姓と名の区別に気をつける

名前の起源を言えば「他人と区別」をすることが始まりです。 理解されやすく、個性も損なわない名前こそ良い名前といえます。 姓と名が混同した名前にはご注意下さい。

特に「宇佐美」や「大久保」など3文字の姓を持つ方は要注意。名前によってはどこまでが姓でどこからが名前なのか区別か付きにくい場合があります。例えば「宇佐美優」の場合。「宇佐美 優」なのか「宇佐 美優」なのか混同してしまいます。こういう場合は「宇佐美 遥」など姓と名が混同しない名前をチョイスすればよいでしょう。


姓に漢数字がある場合、名前に漢数字を使わない

姓に漢数字がある場合(二階堂、三村など)は、「一郎」や「不二子」など漢数字の重複は避けましょう。 全体的に締まりがなくなるためです。 また、部首の重複にも気をつけたいところです。 部首の重複を避けるのは命名のエチケットのようなもの。 例えば「江藤江里香」など姓名全体の響きやバランスにも影響してくるので気をつけましょう。


他にも赤ちゃんの命名のオススメの良運名をご紹介しています。

赤ちゃんの良運名サンプルはこちらから