キャッチフレーズとネーミングを連携させる。

キャッチフレーズ×ネーミングで名前を考える。

キャッチフレーズ × ネーミング

いざ、名前を考えるとなってもなかなかいい名前が思いつかないと悩んでおられる方は多くいらっしゃいます。 理由を聞くと意外に多いのが「ネーミングセンスがないから…」とのこと。

でも本当はネーミングはセンスで行うものではありません。

ネーミングとは商品のイメージに近いものを識別する作業このように考えてみてはいかがでしょうか? トップ企業の中でも特にネーミングに力を入れている企業がありまます。

その企業とは小林製薬です。
小林製薬の商品はどれもユニークな名前で一度聞いたら耳に残るようなものばかりです。
テレビコマーシャルも独特で、壮大なスケールといった風でなく、大抵一人の俳優さんや女優さんが商品の説明をするだけといったような、やや地味目なCMがほとんどです。

しかし、その分余計なことは伝えず、商品の特性が非常にわかりやすく要約されているため、視聴者に伝わりやすいのです。

さらにネーミングも「トイレその後に」など商品の用途が一発でわかように工夫されています。

他にも「ブルーレット~置くだけ~」や「さわやか サワデー」などはイメージソング特徴的で、これがネーミングを引き立てています。 一度聞いたら忘れられない曲ですが、歌詞は商品名そのままですよね。

きっと「ブルーレット」を使ったことがない人でも「ブルーレット」を知らない人はいないと思いますよ。

「ブルーレット」は「ブルーな水」+「トイレット」を足して出来た造語ネーミングです。 一見すると単純な名前のようですが、商品のイメージに併せるために数多くの名前を照らし合わせてネーミングを行っているといいます。

ネーミングを行うときに大切なのは「イメージとの相違」を見極めることです。

「だからイメージが浮かばないんだよ…」
このように思われた方が多いのではないでしょか。

確かに「商品の持つイメージ」と言われても抽象的ですよね?
では、キャッチコピーやキャッチフレーズならどうでしょうか?

ネーミングに比べて、商品の特性やアピールポイントなどをふんだんに盛り込ませることが出来ますし、難しい新語や造語や使う必要はありません。 キャッチコピーはネーミングでは表現できない部分を補うという役目もあります。

いいキャッチコピーを考えるには箇条書きでも構いませんので、商品のどういう部分をアピールしたいかを要約することが大切です。 そうやって出来たキャッチコピーからイメージを固めていってネーミングするのです。

つまり、ネーミングより先にキャッチコピーやキャッチフレーズを考えるのです。

そうすればイメージが浮かびやすいし、商品の利点を活かしたネーミングが行えますよ。

ポエマーやアーティストではなく、凡人の視点でネーミング

もう数10年前の話になるのですが、歌手の「アン・ルイス」さんが出産したとき、お子さんに「美勇士 (ミュウジ)」という名前を付けたことが話題となりました。

当時は今とは違い、凝った名前は珍しかったため、大きな反響を呼びました。

この名前はとても工夫されていて

  • 「美勇士 君  →みゅうじくん (ミュージック)」
  • 「美勇士 さん →みゅうじさん (ミュージシャン)」

この名前を聞いたときは思わず「ヘぇー!やっぱりアーティストの方は違うなぁ」と感嘆の声を上げてしまいました。

しかし、ネーミングとなると話は別です。
ネーミングには文学的な表現も先進的な表現もアーティスティックな表現も必要ありません。

「いかにしてイメージを商品に持たせるか」
これに尽きます。

わかりづらい先進的な表現にこだわるよりも、より多くの人に訴えかえる力のある言葉を選ぶことがポイントです。

キャッチコピーを考えるのにオススメな方法が「CM製作」です。
もちろん実際にTVCMを作るのではありませんよ(笑)

空想の中で自分が監督になってCMを製作してみるんです。 バカバカしいとおっしゃらずに一度やってみれば楽しいですし、何よりイメージが湧きやすいので、キャッチフレーズを産み出しやすくなるんです。是非お試しあれ!!